ついに10代のコロナ感染死亡者が・・

ついに10代の新型コロナウィルス感染者が亡くなってしまいました。。


1人はフランスの16歳の少女。。

基礎疾患などは無く、咳が出始めてから1週間で亡くなってしまったそうです。



もう1人はベルギーの12歳の少女らしいのですが、詳細は不明です。。


また、日本では乳幼児が重篤な状態にあるというニュースも。。


今までは「若い世代は感染しても死ぬことはない」と考えられていたようですが、それも過去の話になってしまいました。。

まだ若年層の皆さんが死亡する確率はかなり低いのかもしれません。。が、たとえそれが1,000分の1、、10,000分の1、、いえ、もし100,000分の1の確率だとしても、感染して死亡するのが「あなた」では無いという確証はないのです。


まずは、「自分は感染者だから、誰にもうつさないようにしよう!」と考えてみてください。

そう考える行動することが、「あなたが新型コロナウィルスに感染しないようにすること」に繋がっているのです。


どうか、「誰かに感染させない行動」を心掛けることが、「誰からも感染しないための行動」に繋がる・・ということを忘れないでください。






医療関係者の感染を防ぐために出来ること・・

ニュースで、ニューヨークの女性医師が医療現場の動画を配信したという報道がありました。

ニューヨークでは医療機関の感染者も多く、その理由は、一般の外来患者の中に、自覚のない不顕性(無症状)の新型コロナウィルス感染者が紛れているから・・らしいのです。

「腹痛の患者さんを検査したらコロナと同様の所見が・・」、「足を骨折した患者さんを検査したらコロナの所見が・・」というようなケースがあるとのこと。

こういった感染の機会を排除するためには、「全ての患者がコロナウィルス感染者だと仮定して接すること」が有効のように思えます。

そして、大切なのは「患者さんの一人ひとりが自分が感染しているかもしれない」と考えて行動することではないでしょうか。。

「必ずマスクを付けて病院を受診する」、「ドアを開ける時は、洋服の袖を使って開ける」、、などなど、私たちにも出来ることはあると思います。


日本も、国として出来ることが沢山あると思います。

今は新型コロナウィルスとの戦いを最優先し、1人でも多くの国民の生命を救うことが大切ではないかと。。

国の財政が苦しいのはわかります。。ですが、他の案件(助成金など)は後回しにしてでも、今のコロナとの戦いに全力を注ぐ必要があるのではないかと思います。

まずは非常事態宣言。。

そして、3~4週間程度の全国一斉の外出制限(買い物&病院等は可。但し、違反者には相応の罰則あり、、などは必要かと。)を実施し、コロナの拡散を防ぎます。
(あわせて外出制限の間の保障も行います。)

この間に発生したコロナウィルス感染者については、行動が制限されているため濃厚接触者の洗い出し比較的容易だと思いますし、封じ込めも出来るのではないかと。。

もちろん、休校も全国一斉で期間延長し、この期間で日本全域に存在するコロナウィルス感染者の完治を促します。
(休校を再開したのでは意味がありません。。)

・・で、状況は、ある程度は落ち着くのではないでしょうか。

ただ、ここで注意しなければならないのは、新型コロナウィルスの正体が未だ判明していないことです。。


前にもブログ内で推測したことがあるのですが、「コロナ感染者の中には、一度検査で陰性になったあとに、再検査で陽性になった人がいる」ということは、コロナウィルスには「検査で陰性になったあとも、体の中で生き続け、時々顔を出しては人に感染する」という性質があるかもしれません。

また、例えば、「体の中で生き続けている間に(感染者が知らないうちに)、多臓器不全や脳梗塞、ガンなどを引き起こす」という性質があるのかもしれません。

考えるとキリがないのですが、、敵(コロナウィルス)の正体がわからないということは、様々な可能性を(最悪な可能性も含めて)予想しておかなければならない・・ということではないでしょうか。。

新型コロナウィスルのワクチンが出来るまでには、やはり1年~1年半くらいの期間が掛かってしまうそうです。

それまでに、コロナウィルスがまた進化してしまわないとも限りません。。


私も含めて「自分が感染しているかもしれない」と考えて行動するようにしましょう。。






人工呼吸器の数が足りなくなる前に・・

つい今しがた、TVのニュースで、スペインの女性医師が「どうか家にいてください。あなたならできます!」と懇願している動画を見た。。

人口呼吸器などの医療機器の数が足りない・・と、涙ながらの訴えでした。

イタリア、スペイン、アメリカなどの海外メディアはこぞって「人工呼吸器の不足」を報じているようです。


イタリアでは死者が1万人を超えました。。

アメリカでは、亡くなった患者さんを保管しておくための冷蔵トラックが用意されていました。。

海外ではベッド数が足りずに、たくさんの患者さんが廊下のストラクチャー?で横になっている映像が見受けられます。

これら海外の状況を見ていて、「日本は大丈夫なのだろうか?」と心配せずにはいられません。


個人的には、1日も早く全国的な「ロックダウン(買い物や病院はOK。原則として外出禁止。)」を実施した方が良いのではないかと思います。

経済的なダメージは甚大だと思います。。が、中途半端な対策をとっている間に(不顕性感染者=無症状の感染者の行動を制限できない間に)、たくさんの人が死んでしまうリスクを高めてしまうよりも良いのではないでしょうか?
(生きていれば、また頑張ることが出来ます。。)


もし、比較的ゆるやかに感染者が増えているとされている(実際には検査が間に合っていない、、もしくは検査の条件付けが適切ではない=無症状感染者に対応できていないので感染者の数が把握できていなかった為に「ゆるやか」だったにすぎない)日本が同じような状況になってしまった時、きっと誰も責任をとることはないでしょう。。

不幸な出来事だった、、で終わってしまうのではないかと思います。


では、実際には、国の責任?、、それとも政治家の責任なのでしょうか?

確かに、それぞれにも多少の責任があるのではないかと考えます。。が、私たち日本国民の一人ひとりにも「誰かに感染させない!」という責任感が欠落していたのではないか?と思い至るのではないかと。。


「ちょっとくらいなら、友達と遊んでも大丈夫。。」

「海外旅行自粛って言われてるけど、せっかく予約してるんだし、私は多分大丈夫だから。。」

「8割の人は感染しても死なないんでしょ?俺は絶対死なないと思うから。。」



そんな気持ちでいた人たちの中に無症状のコロナウィルス感染者がいて、いろいろな場所で、たくさんの人に感染させてしまう。。

無症状の感染者がいるのだとわかっているのに、自分が感染者かもしれないという危機感もなく、安易に行動してしまう。。

無症状の感染者の存在がわかった時点で(自分がコロナ感染者かもしれない可能性があると知った時点で)、誰かを感染させてしまうリスクを考えずに危機感なく行動してしまうことは、「無差別テロ」と変わらない愚行だと思うのですが如何でしょうか?


と、ここで、タレントの志村けんさんがお亡くなりになったとの訃報が。。
子供の頃からTVで楽しませていただいていたので、本当に残念です。。
また一人、死ななくてもよかった人が亡くなってしまいました。
心よりご冥福をお祈り致します。。(>_<)


TVニュースの街頭インタビュー等を見ていると、比較的若い世代(10代~30代)の人達が街をうろついているように感じます。

あなた達は感染しても死なないかもしれませんが、あなたが感染したことで誰かが感染し、その誰かがまた他の誰かを感染させてしまい・・、巡りめぐって、あなたの大切な人が死んでしまうかもしれません。


どうか「自分がコロナに感染しているかもしれない」と考え、軽率な行動は避けるようにしてください。


たとえ、友達に「コロナ怖がってんの?バカじゃねー!」と笑われてもいいんです。

「お前はそうしてればいい。俺は俺の考えで行動するから。。」と、あなたが正しいと考えたことを貫くことが大事だと思うのです。
(あなたの人生の主人公である「あなた」なら、絶対に出来ると信じています。)


私を含め、日本人一人ひとりのモラル(道徳観)が、今、試されているのかもしれません。。




新型コロナウィルス/国別の感染率&致死率の違いって・・

普段はブログを更新するのが億劫なのですが(実際に、ほとんど更新していないし。。(^^;A )、新型コロナウィルスが話題になってからは、なんとなく「自分も何かしなきゃ!」という使命感みたいなものが、心の中に生まれてきたような気がしている今日この頃です(汗

さて、ここ数日ニュースを見ていて、このところイタリアやスペイン、イギリス、アメリカなど、海外では、日本と比べて明らかに新型コロナウィルスの蔓延が加速しているように感じられます。

現在の海外の状況から色々な可能性をに思いを巡らせた結果、ある仮説が頭をよぎりました。。

「もしかして、海外のコロナウィルスと、日本のコロナウィルスって、何かが少し違うんじゃないの?」

先日のブログ記事にも書きましたが、もしウィルスが突然変異して、亜種のような存在が生まれてきているのだとしたらどうでしょう。。

「これは新型コロナウィルスとの戦争(戦い)だ!」と、どこかの国の大統領?が言っていた記憶があるのですが、今、目に見えないコロナウィルスの大群が世界中に押し寄せて来ているのだとして、ただの兵士(歩兵?)ばかりだと思っていたら、その中から狙撃手(より広範囲に感染し、より感染者を死に至らしめる)のような新たな脅威が生まれてきているのだとしたら・・

そう考えると、海外からの入国者(帰国者も含めて)の検疫には、今まで以上の最新の注意をはらい、出来ることならば、自宅に戻らずにホテル等での2週間の外出禁止(、、というか隔離ですね)を義務付けるような強めの対策をとる必要があるのではないかと思います。

もちろん、あくまでも仮説なので、「そんな証拠がどこにあるんだよ!?」と言われれば「無いです。。(´・ω・`)ショボン 」と答えるしかないのですが、新型コロナウィルスの正体がわかっていない今、「常に最悪の可能性を考えて行動すること」が大切なのではないかと思います。

※以前、某代議士(現在も現役です)の秘書をしていたことがあり、その時に、上司からよく言われていた言葉です。。

もともと心配性な性格の私ではありますが(汗、現在の日本国民の皆さん「危機感の無さ」に少し驚いています。

「海外のあの状況をニュースやネットで見ても、全く危機感を感じていないのですか?」と。。

・・とはいえ、テレビで目にする街頭インタビュー等については一部の日本人の言動であり、すでに危機感をもって日々の生活を送っている方も数多くいらっしゃるとは思うのですが。。


この「危機感の無さ」は、海外メディアからも批判を浴びているようです。

せっかく海外で高く評価されていた日本人の行動や文化が、一部の「周りのことを考えていない(自分が良ければ他人はどうなってもいい・・と考えているとしか思えない)」人達の言動がピックアップされることによって、一気に評価が下がっているであろう今の状況は、1人の日本国民として、憂うべき事態であり、とても哀しいことだと思います。

私は今まで政治や世の中のことには殆ど無関心だったのですが(実際、誰が政治家になっても日本は変わらない・・と思っていました。)、今回のコロナウィルス騒動をキッカケにして、もう一度、「日本人」として、そして「人間」として、自分がどのように行動すべきなのか?、、政治は、そして日本は今何をすべきなのか?、、を、深く考えてみようと思います。


コロナウィルスは人類滅亡の警鐘なのでは?・・

今、ニュースで「アメリカからの入国者に対して、体調が悪いことを訴えているにも関わらず、その場で熱を測って37.4度だったために(空港での要検査の条件は37.5度以上らしい)そのまま帰宅することになった人がいる」とのことです。

この状況になっても、マニュアル通りのことしか出来ない日本の検疫官ってな何なの?・・と思うのは私だけですか?

どうして、 「 要検査の条件は37.5度以上ですが、37.4度なので、念のために検査しておきましょう。」という風にならないのか?、、が不思議で仕方ありません。
(出来るだけ検査をしないようにという指示でも出ているのでしょうか?)

ニュースを見て、つい話が逸れてしまいました。。すみません。

さて、本日(今から2時間くらい前に)、NHKのNEWS WEBで下記のような記事が掲載されました。



新型コロナウイルスの感染拡大について、イギリスの大学の専門家チームは各国が外出制限などの強力な対策を早い段階で実行しなければ、ことしだけで4000万人が死亡するという分析結果を公表し、各国は早急に対応すべきだとしています。


イギリスの「インペリアル・カレッジ・ロンドン」の感染症の専門家チームは、新型コロナウイルスの感染拡大の影響について、各国の最新の状況をもとに分析した結果を公表しました。

それによりますと、各国が今後有効な対策をとらなければことしだけで世界で4000万人が死亡するとしています。一方で、外出制限や自宅での隔離などの強力な対策を感染拡大の初期段階で実行し、感染を調べる検査を数多く実施すれば、大幅に状況を変えることができ、亡くなる人は130万人に減少すると分析しました。

ただこうした対策はワクチンが開発されるまである程度の期間続ける必要があり、社会的、経済的にも痛みを伴うため、貧困層が多く、医療体制のぜい弱な国は大きな影響を受けることになると警告しています。

専門家チームは、「各国は、急速に広がる感染にまとまって迅速に行動する必要がある」などとコメントしています。




ついに「世界で今年4000万人の死者が出るかもしれない」という分析結果が。。

最近のニュースを見ていて、コロナウィルスが流行りだした当初よりも、現在の方が感染率が高く&死亡率も高くなっているような気がします。

もしかすると、突然変異等でコロナウィスルが進化している・・というようなことはないのでしょうか?

以前、ブログ記事にも書きましたが、今回のコロナウィルスは進化したウィルスではないかと思っています。

「感染しても症状が出ない人がいることで、薬などで駆逐されることもなく、しかも、その人が他の人たちにウィルスを感染させてくれて、お年寄りや体力が落ちている人、基礎疾患のある人たちの命を奪うことが出来る。」

そういう風に思い込んでいるのなら、若者たちが「自分は感染しても大丈夫だから。」とか、「感染したら、した時だよね・・」と、ついつい本音を言ってしまうのも頷けます。


でも、本当に若者たちは大丈夫なのでしょうか?

今回のコロナウィルスに関しては、まだその正体さえもわかっていません。。

例えば、もしこのウィルスが「一度は完治した(PCR検査で陰性になった)と思っていても、実は一定の期間で「陽性」と「陰性」を繰り返し、その度に、周りに人達を感染のリスクに晒してしまう・・」というような、悪質なウィルスだとしたらどうでしょう?・・
※実際に検査で一度「陰性」になったのに、また「陽性」になったという例もあります。

例えば、もしこのウィルスの正体が「一度感染してしまうと(症状の有無に関わらず)長い時間をかけて感染者の体を蝕み、脳梗塞や多臓器不全を起こして死に至らしめる」というような、極めて危険なウィルスだとしたら?・・

他にも、このウィルスに感染することで「生殖機能が衰え、出生率が極端に下がってしまう。」とか、「脳の一部が機能しなくなり、体の一部に障害が出たり、性格が大きく変わったりする。」などなど、私たちの想像をはるかに超えるウィルスなのかもしれない・・という危機感だけは持っていたほうが良いのではないかと思います。


また、今回のコロナウィルス騒動が終息した場合でも、次に発生するウィルスがコロナウィルスよりも悪質で、人類が滅亡してしまうほどの極めて危険なウィルス」である可能性もあります。
(「今回のコロナウィルス騒動は、近い未来の人類滅亡への警鐘なのかも?」と感じています。)

政治家の皆さん、官僚の皆さんには、今回のコロナウィルス対策での、失敗したこと、成功したこと、を糧として、次回のウィルス対策を万全にしていただきたいと思います。


長文&乱文、ご容赦くださいませ。。




一番早くて効果的なコロナウィルス撲滅の方法は?

「都内で新たに47人の感染者を確認」

昨日は41人、今日は47人・・

今後もコロナウィルス感染者が日々増えていくのでしょうね。。
※検査希望者が誰でも検査することが出来るようになれば、もっともっと感染者数は増えると思います。

なぜ、こんなにも長い間、コロナウィルスを撲滅することが出来ないのでしょうか?

例えば、ここに、コロナウィルスに感染しても全く症状が出ていない「A」さんがいたとします。
※感染しても症状が出ないことを「不顕性(ふけんせい)感染」というらしいです。

「A」さんは症状が出ていないので感染していることに気づかず、2週間後、たまたま買い物に行くのに乗った電車の同じ車両に乗り合わせていた「B」さんにコロナが感染してしまいます。

それから10日後、咳やくしゃみの症状が出てきた「B」さんは「熱がないからコロナじゃないよね・・。」と、近くの病院を受診し、そこで偶然お見舞いに来ていた「C」さん他1名に感染してしまいます。

「C」さんも症状が出なくて無自覚でしたので、そうとは知らず、5日後、自宅で「C」さんの子供(小学3年生)の「D」君に感染します。

「D」君も症状が全く出なくて、1週間後、休校が解除されたばかりの小学校に登校して、一緒に遊んだお友達の「E」君その他3人が感染してしまいます。

「E」君は、発症してもたまに咳が出る程度だったので共働きの両親も気づかず、3日後、コロナは同居しているおばあちゃん(「F」さん)に感染してしまいます。

「F」さんは時々公民館で地元の老人会のお手伝いをしていたので、2週間後・・

現状は、大体こういう感じのような気がします。。



上記の場合、最初にコロナウィルスに感染した「A」さんから、「F」さんが感染するまでの日数は39日間となります。


その後も、「F」さんから「G」さん、「H」さん・・・という具合に、感染は延々と続いていく訳ですから、私たちが普通に生活している限り、いつまで経っても感染は終息しないのではないかと。。



では、どうすれば良いのでしょう?



これは、私の個人的な意見なのですが・・

やはり、イギリスやアメリカがとっているような「ロックダウン(原則として外出禁止)」という対策を今すぐに実施することが、一番早くて効果的は方法なのではないかと思います。

※ここでいう「ロックダウン」とは、例えば「スーパーに買い物に行く」とか、「病院に行く」「(どうしても出勤が必要な場合には)仕事に行く」というような外出は認められ、それら以外の「必要とみなされない外出」を禁止し、警官による取り締まりによって違反者には何らかの罰則がが科せられる、、というようなニュアンスです。

その理由は・・

3~4週間のスパンで ロックダウンを行うことで、現時点で感染している人達の回復(コロナウィルスの完治?)が見込まれ、もし新たに感染者が見つかった場合でも(ロックダウン中は行動が制限されているので)接触者が比較的絞り込みやすくなるというメリットがあると思うからです。

※コロナウィルスの正体が未だ不明なこともあり、潜伏期間中の感染の有無・完治するまでの平均的な日数がわからないこと・完治後の再発 (実際に前例があるので) の可能性があること、、等を考えれば、最低でも4週間くらいは必要ではないか?と、私は考えています。
また、東京都だけではなく、全国で一斉にロックダウンすることで、より一層、日本国内のコロナウィルス撲滅に近づくのではないかと思います。

「そんな事をすれば、日本の経済は崩壊してしまう!」

「体力のない中小企業の場合、倒産してしまう可能性があるんじゃないか!?」

「就学中の子供を持つ親の身になって考えろよ!」

・・というようなご意見もあるのではないかと思います。

でも、考えてみてください。。

現状のまま、経済のことを考え、子を持つ親のことを考え、出来るだけ穏便なコロナウィルス対策を実施し続けたとします。

その間も、無症状のコロナウィルス感染者の皆さんがショッピングや遊びで街に出ることで感染者が日々増え続け、最終的には、今から3週間後に(小池都知事が「今後3週間が分かれ道」とおっしゃっていたので)東京都がロックダウンされたとしましょう。。

つまり、現在から3週間の経過観察期間?を経て、さらに4週間のロックダウン期間を乗り越えなければならなくなる訳です。

このところ、ホテル業界や観光業界、その他の業界でも苦しい状況が続いていると聞いていますので、この「3週間+4週間=約1か月半」は、かなり厳しいものがあるのではないかと。。

そう考えると、3週間の経過観察期間?を省いて、最初から「ロックダウン(4週間のみ)」とした方が、経済に与える影響も少なくなるような気がするのですが・・如何でしょうか?

もちろん、コロナウィルスの蔓延を防ぐ効果的な方策があるのならば、(結果はどうであれ)3週間の経過観察期間?を経ることも有意義だと思います。。が、もしそうでないのであれば、「すぐにロックダウン(原則として外出禁止)する」のが、結果的には、一番被害の少ない方法ではないかと思います。
※あくまでも個人的な意見です。



思いつくままに書き綴っておりますので、もし失礼な言い回し等がございましたら、何卒ご容赦くださいませ。。m(_ _)m




コロナウィルスの一番の問題点と、感染率について。。

世界各地で猛威をふるっているコロナウィルス。
今現在も、感染者や死者が増え続けている状況なので、とっても心配です。。

このコロナウィルスの一番の問題点は「無症状の(ほとんど症状が出ない)感染者が存在すること」と「俺はコロナウィルスに感染しても大丈夫!などとのたまい、全く危機感を持たずに行動している人達が多いこと」だと思います。
(地方に住んでいるからかもしれませんが、マスクをしていない人も多く、仕事で出向いた先で「そのマスクって、コロナウィルス対策?」と笑われたこともあります。)

「無症状の(ほとんど症状が出ない)感染者が存在すること」 に関しては、ウィルスも進化しているのでは?と思わざるを得ません。
なぜならば、症状が出ることで感染者の体から(薬剤などで)駆逐されてしまうウィスルも、感染者が無症状であることで、駆逐されることなく、ウィルスを拡散することが出来るからです。

「俺はコロナウィルスに感染しても大丈夫!などとのたまい、全く危機感を持たずに行動している人達がいること」 については、本当に残念なことですが、想像力が欠落している(もしくは、想像力を働かすことを拒んでいる)人達が多いとしか思えません。

「あなた」は大丈夫かもしれませんが、「あなた」が感染したあとに起こりうる可能性を想像してみてください。

「あなた」がコロナウィルスに感染することで、「あなた」の家族(お子さんやお父さん、お母さん、兄弟など)に感染するかもしれません。
ここで「俺は一人住まいだから・・」と思った「あなた」、あなたに大切な人はいませんか?、、大切な人だけではなく、近所のおじいちゃんやおばあちゃん、可愛い子供たちに感染して、誰かが亡くなってしまうかもしれません。

その時、「あなた」はどう責任がとれますか?
「俺は無症状だったから感染していることがわからなかったんだよね。。」で済ませてしまうことが出来ますか?

それでもまだ、「日本はそんなに感染率は高くないから大丈夫!」だとおっしゃる方もいるかもしれません。
確かに、現段階では市中感染率などが判明していません。
(検査体制が整っていないので、市中感染率を計算するための情報が足りないのかもしれませんが。。)

そこで思ったことがあります。
ダイヤモンド・プリンセス号をひとつの町(村)と考えてみるのはどうなのだろう・・と。
( ダイヤモンド・プリンセス号 は密閉された空間でしたので、その分、数字を調整する必要はあるかと思います。)

ネットで調べてみると、厚生労働省の「 新型コロナウイルス感染症の現在の状況と厚生労働省の対応について(令和2年3月3日版) 」というページ内に下記の文章が掲載されていました。

https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_09925.html


2.クルーズ船での発生状況について
・2月3日に横浜港に到着したクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス号」については、延べ4,089名について、新型コロナウイルスに関する検査を実施したところ、陽性が確認されたのは706名(うち無症状病原体保有者延べ392名)。
  (※)なお、本件については、WHOの各国の発生状況の報告において、日本国内の発生件数とは別個(その他)の件数として取り扱われています。

・船内支援として医師、看護師、薬剤師を船内に派遣し、医薬品等の配布・相談対応を行いました。

・3月1日、すべての乗客、乗員の下船が完了しました。引き続き下船をされた乗客・乗員の方々の健康管理を適切に行っていきます。

・2月27日から3月1日にかけて下船した乗員で政府施設にて健康観察中の者(下船時238人)のうち1名の陽性が確認されたため、その方は、医療機関に搬送され、現在、入院中です。


上記の数字から考えると・・

・人口:4,089人
・うち陽性が確認された人数:706人(うち無症状病原体保有者:392人)

感染率は約17.2%で、感染者のうち、約55.5%(半数以上)は無症状の感染者だということになります。
(ダイヤモンド・プリンセス号 が密閉空間であったことを考えれば、このまま日本の人口に当てはめるのは乱暴だと思いますので、数字を調整します。)

<参考>総務省統計局/人口推計 令和元年(2019年)9月確定値: 1億2613万1千人
https://www.stat.go.jp/data/jinsui/new.html

感染率が10分の1だとすると・・
1億2613万1000人 × 0.0172 = およそ、216万9453人が感染していることになります。

感染率を100分の1にしても、日本国内で、およそ21万6945人が感染していることに。。」

※計算が間違っていたらすみません。(>_<)

しかも、(100分の1で計算した場合でも)症状が出ていない感染者数が・・

21万6945人 × 0.555 = およそ、12万404人いるということになるのです。

こうやって実際に数字が出てくると、「近所にも感染した人がいるのでは?」とか、「もしかすると通勤途中や職場、買い物に行ったスーパー等で感染しているかもしれない。」と危機感を感じたりしませんか?

では、どうすれば良いのでしょうか?

個人的には、誰もがすぐに実践できるのは「自分が感染しているかもしれないと考えて行動すること」が大事なのではないかと思います。

国としての対策・・として考えると、幾つかの国がすでに決断しているように、緊急の場合以外は外出を控える(もちろん仕事も)、イベントやコンサートなどの中止、テーマパークなどの営業休止・・などなど、「国民の誰もが、かなりの痛みを伴う対策が必要」なのではないかと。。

連日テレビでも報道されていますが、経済的な問題や、その他諸々の問題等で、実際にはなかなか実行を決断することが出来ない対策もあるかと思います。
ですが、あなたの家族や、あなたが大切に想っている人達が死ぬ(かもしれない)よりは良いと思うのですが・・如何でしょう?

経済的な問題、その他諸々の問題に関しては、国民の代表である政治家の皆さん、その政治家の皆さんを支えている官僚の皆さんに考えていただくしかありません。
(私個人としての意見もあるにはあるのですが、色々な事情が複雑に絡み合っており、私ごときでは考えが至らないことも多々あるかと思いますので。。)

それから、「無症状の感染者が数多くいるかもしれない・・」と皆が思うことで、魔女狩りのようなことが起きてしまうかもしれません。

そのような悲劇を回避するのに必要なのは、やはり「一刻も早くコロナウィルスの検査体制を整えること」ではないかと思います。
(陰性から陽性に転じることもあるようですが、とりあえず「安心」したいのです。。)

こういう記事を書くのは苦手なのですが、1日でも早く、もとの日本に戻ってほしいと思って投稿させていただきました。

なお、私は医学的専門知識等は持ち合わせておりませんので、もし的外れな内容でしたらご容赦くださいませ。。





<2020.03.24 追記>

学校が再開されている地域があるとのこと、、大丈夫なのでしょうか?
厚生労働大臣によれば、国の指針も学校再開の方向に向かっているようです。


学校再開にあたっては「毎朝の検温」を実施するらしいですが、無症状のコロナウィルス感染者(もちろん熱も出ていない感染者)の存在を知った上で、「毎朝検温すれば大丈夫!」と言っているのでしょうか?
(私には意味が全くわからないのですが。。)

また、一部の遊園地が(屋外の施設のみ限定ですが)営業を再開したとのこと。。


サーモで体温をチェックするなどの対策をとっているらしいのですが、これも私には(無症状の感染者に対しては)全く意味がないのでは?、、としか思えません。

すでに「無症状の感染者がいる」というカード(情報)が場に出ているのに、どうして「検温(サーモでの体温チェックを含め)すれば大丈夫!」だと言えるのか?がわからないのです。。


これに対し、東京都知事の小池さんは「ロックダウン(首都封鎖)」をも視野に入れてコロナ感染対策を考えていると、危機感を露わにしています。

北海道の知事の休校宣言に続き、安部総理の全国での休校宣言が発せられた時に、テレビのワイドショーやネットなどで「これはやりすぎじゃないか?」といった意見も数多く見受けられましたが、その「やりすぎだと思える対策」がとられたあとも、コロナウィルス感染者は日々増え続けています。
(私は、休校は英断だと思っています。)

もう「私たちの日常生活の中にもコロナ感染者がいる」のだと、危機感を感じてもよい状況ではないでしょうか?


もう一つの心配は、テレビのニュース等を見ていて「クラスター等で最初に出た感染者=クラスター(集団)にコロナウィルスを撒き散らした犯人」のように考る人がいると感じられることでしょうか。。

ある特定のクラスター内でコロナウィルスに感染した場合、「無症状の感染者」がクラスター内にいて、たまたまその感染者から感染した人が発症してしまい、CPR検査で陽性と診断された・・という可能性があることを忘れてはいけないと思います。

このような状況だからこそ、何かあった時には、極めて冷静な判断と行動が必要だと感じています。


そういえば、さきほど、TVの街頭で「コロナにかかる時はかかるんだから。。」と、20~30代に見える若者がインタビューに答えていました。

これって、「自分はコロナにかかってもすぐに治ると思うし、もし自分が感染して、誰かにうつしたとしても(その人やその人の家族が死んだとしても)、それは仕方の無いことだから。。」と言っているのと同じように思えます。
(私だけかもしれませんが、「自分さえよければ、他人はどうなってもいいんだよ。」というような意味合いにしか聞こえません。)

確かに、今回のコロナウィルスに関しては、高齢者や基礎疾患のある人達の死亡率が高いと言われています。。が、もし次のパンデミックが「20~30代の若者層の死亡率が高いウィルス」だったらどうでしょう?
自分たちの年代がウィルスのターゲットになってしまった時にも、同じことが言えるでしょうか?

ちなみに、、もしそういう状況になったとしても、私は今回と同じように、若者層への感染を回避する為に、外出時にはマスクを着用し、不要不急の外出を避けるように行動すると思います。

なぜなら、私はTVドラマに出てくるような悪役=人の気持ちがわからないような人間にはなりたくないからです。
ましてや、今回は高齢者や基礎疾患のある皆さんの命に関わることなのですから、「万が一、自分が(コロナウィスルに感染することで)誰かを殺してしまうかもしれない可能性がある。」と思える行動をとることは絶対に出来ません。

人生をドラマに例えるならば、私は「私の人生」の、あなたは「あなたの人生」の主人公なのではないかと思います。

ドラマ(=人生)で「正義のヒーロー」になれる人は限られていると思いますが、「いい人(善意の人)」になれるかどうか?は、たぶん自分次第です。
(中には「俺はヒール(悪役)の方が好きなんだよ!」っていう人もいるかとは思いますが、私はヒーローの方が好きです。(^^; )

私たちの人生は選択肢の連続だと言われていますが、その毎日の選択肢の中から、常に自分が「良い」と感じるものを選んでいけば、「いい人」になれる(近づくことが出来る)のではないでしょうか?

「良い」と感じる選択肢を選ぶことで辛いこともありますが(今回でいえば、家の中で退屈&窮屈な思いをしなければならないことでしょうか。。)、私は、常に「いい人」に近づけるような選択をしたいと考えています。

最後になりますが・・

昨日(3月23日)、北九州市小倉北区在住で小倉南区役所の国保年金課に勤務する40代の男性職員が、新型コロナウィルスに感染していることが わかったそうです。

この男性は、3月17日からのどの痛みや咳、発熱の症状が出て、北九州市内の2か所の医療機関を受診した間も37~38度の発熱を繰り返していたらしいのですが、23日に3つ目の医療機関を受診して肺炎と診断され、PCR検査を受けたところコロナウィルス陽性が判明したとのことです 。


・・さて、ここで疑問が生じます。

最初に受診した医療機関で「のどの痛み、咳、発熱」の症状が出ていたにも関わらず、どうしてコロナウィルスの検査をしなかった(できなかった?)のでしょうか?

現在のような状況であれば、上記のような症状が出ていたら「コロナウィルスに感染しているのではないか?」と考えてもおかしくないと思うのですが。。

もし最初の医療機関でPCR検査をしていれば、その後の2つの医療機関で「コロナウィルスが誰かに感染してしまうかもしれない」というリスクを冒すことはなかったのでは?と考えてしまうのは私だけでしょうか。。


私は、もし風邪の症状が出て病院を受診した際には、まず最初に「コロナウィルスの検査(PCR検査?)」をやっていただきたいです。

私がコロナに感染したことで、私の家族や友人の誰かがコロナに感染し、もし万が一、死んでしまうようなことがあったら、私は私を許すことが出来ません。
誰かに「仕方のないことだったんだから・・」と言われても納得できないと思います。

だからお願いです。。
国なのか、地方自治体なのか、どこにお願いすれば良いのかさえわかりませんが、どうか、誰もが(たとえ無症状であったとしても、心配であれば)すぐに検査を受けられるような体制を整えてください。

よろしくお願い致します。


何度も書きますが、、私は、すでに「私自身が感染しているかもしれない 」 と思って行動することを心掛けています。
(咳も出ず、熱もないので、全くの無症状なのですが。。)

たぶん、ひとりひとりが「自分が感染している(人にうつしたくない=誰も殺したくない)」と考えて行動することが、早く以前の日本を取り戻すことに繋がるのではないかと思っています。


長文&乱文、大変失礼致しました。